トップページ母乳のメリット
母乳のメリット(いいところ)てどんなこと?

母乳は赤ちゃんにとって理想的な食べ物であるだけでなく、
スキンシップによって赤ちゃんとおかあさん双方の情緒を安定させる役割を果たします

赤ちゃんイラスト赤ちゃんへのメリット

消化吸収しやすく、胃腸への負担が少ないといわれています
抗炎症物質(白血球)・免疫物質が含まれ、赤ちゃんを病気から守ってくれます。特に初乳は、赤ちゃんを感染から守ってくれます
アレルギーになりにくい可能性があると考えられています
あごや脳の発達を促します
いろいろな味を体験でき、味覚が発達します(飲み始めは低脂肪でだんだんと脂肪分が増えていきます。また、おかあさんの食べたものによっても味が変化します)
赤ちゃんの成長に応じて成分が変化します
SIDS(乳幼児突然死症候群)から赤ちゃんを守ってくれます
スキンシップにより、赤ちゃんが安心できます

おかあさんへのメリットおかあさんイラスト

子宮の回復を早めます(赤ちゃんが母乳を吸うと分泌されるホルモンは、子宮を収縮させる働きがあり、子宮の回復を促します)

自然にスキンシップができ、おかあさんの心の健康にもよい影響があります

経済的で手間いらずで、いつでもどこでも授乳できます

いつも適温で衛生的です

乳がん、子宮体がん、卵巣がんになりにくいといわれています

「母乳で育てたい」という思いはあっても、実際妊娠中は目の前の出産のことで頭がいっぱいかもしれません。
しかし、母乳育児を行っていくには、妊娠中からのお乳の手入れが重要な要素となってきます。
主治医や助産師・看護師に妊娠中のお手入れについて相談しましょう。
紀南地域母子保健医療推進協議会